簡単CAEソフト「Meshman」のご紹介|Meshman_ViewerHPC

Meshmanのご紹介
ADVENTURE関連情報 セミナー・通信講座 技術情報 SPH粒子法のご紹介 ダウンロード・購入
■Meshman for Marc (販売終了)
■Meshman_Viewer_HPC
  ■Meshman_主応力
Meshman_ViewerHPC
meshman Viewer
Meshman_Viewer HPCは100万要素を超える大規模メッシュと解析結果の表示を目指すソフトウェアです。ベータ版のうちは無償で提供致します。現在はADVENTUREの四面体メッシュのみに対応しています。
現在の機能
・ADVENTURE 四面体、一次要素及び二次要素(*.msh)表示機能
・インサイト独自フォーマットによるキャッシュファイル自動作成機能
・インサイトネイティブファイルへの保存機能の追加。(二度目以降の読み込みのより高速化)
・物体色と背景色のカラー選択機能の追加。
・要素数、節点数等の基本情報の表示。
・個々の要素情報の表示機能の追加(メッシュ情報)
・バージョン、著作権表示
・最近開いたファイルリストの表示機能。
・体積が負の要素の警告と表示機能の追加
・裏面表示機能

性能
・高速表面抽出性能
約130万要素のPantheonメッシュの表示性能例

使用マシン
CPU : Intel Celeron D 326 [2.53GHz/FSB533/L2 256KB]
VGA : nVidia GeForce FX5200 128MB AGP
HDD : IDE [7200rpm 8MB U-ATA100]
OS : Windows 2000 Professional
*.mshフォーマットの初回読み込み 28秒
*.mshフォーマットのキャッシュを利用した読み込み 7秒
インサイトネイティブフォーマットファイルからの読み込み 3秒


・1GBで300万要素まで表示可能

開発のロードマップ
・高速レンダリングモードの追加
 当初の高速化関連はこれで一段落つきます。
・インサイトネイティブファイルから*.mshへのコンバート機能の追加。
・座標軸に直交した面による断面表示機能の追加。
・ADVENTURE_IOを利用した*.advファイルの直接読み込み機能の追加。
・ADVENTURE_Solid結果表示機能の追加(領域分割データの可視化も含む)
・個々の節点情報の表示機能の追加(メッシュ情報)
・動解析結果のアニメーション可視化機能の追加
・任意点時系列データのグラフ表示
・流れ解析結果のベクトル/流線表示
・ADVENTURE_IOを利用した境界条件の矢印等による表示機能の追加。
・ADVENTURE_TetMesh_Eを利用した要素統計情報の表示と、良くない要素の表示機能の追加。
・節点を移動させたり追加してメッシュを修正する機能の追加
・境界条件設定機能の追加。
・並列可視化機能の追加。
・六面体要素への対応
・ADVENTURE以外のソフトウェアのフォーマットへの対応

データフォーマット
次のソフトウェアのデータフォーマットを読み込むことができます。
ADVENTURE (*.msh) (四面体要素、一次及び二次 )
※ ADVENTURE(msh)とは、ADVENTUREプロジェクトより公開されているADVENTUREシステムにおいて用いられるメッシュデータのテキストフォーマットのことです。

動作環境
Windows Vista 32bit/64bit
Windows 7 32bit/64bit
Windows 8 32bit/64bit
Insight
info(at)meshman.jp 050-8885-4787
スカイプでのお問合せ
akio_miyoshi
株式会社 インサイト
Copyright (c) Insight Inc, 2000-2015 All Right Reserved.